GOOD HEALTH

あなたと家族の健康な毎日のために

キュレルのシャンプーは赤ちゃんには使わないで!危険な理由はこれ!

      2016/05/18

 

街のドラッグストアで敏感肌用のシャンプーを探したら、真っ先に目に入るのがキュレルではないでしょうか。敏感肌用なら赤ちゃんにも使えるかも?そう思うママも多いと思います。

でももしも赤ちゃんに使おうとしているなら、やめたほうがいいです。その理由を詳しく解説しますね。

 

キュレルのシャンプーは敏感肌用ではありません

キュレルがなぜ堂々と敏感肌用と謳っているのか、成分をしっかり見れば疑問に思う人も多いでしょう。たぶんセラミドを守る働きがあるというのが売りなのですが、セラミドを守りたいなら清掃力の強い成分は厳禁です。

なぜなら清掃力の強いものを使うと、それだけでセラミドが流れていってしまうのです。

 

セラミドは肌に水分を保つためには必要なものです。赤ちゃんは大人よりも肌が弱いので、余計に守ってあげたい成分なのですが、キュレルのシャンプーを使うと強いので流れてしまいます。

 

それは成分の中にラウレス硫酸Naが入っているからです。ラウレス硫酸Naは清掃力がとても強い成分で、市販のシャンプーにはほとんど入っているでしょう。

簡単に汚れを落とすことができますし安価なのでよく使われます。

 

ただ、落とすのは汚れだけでなく肌に必要な皮脂や潤いまで奪ってしまいます。

これでは常に赤ちゃんの地肌は乾燥した状態になり、そのまま続けていると肌を守るバリアが壊れ、敏感肌になったり、皮膚炎を起こす原因にもなります。

 

赤ちゃんはやさしく洗ってあげたい

赤ちゃんにキュレルのシャンプーを使うのが良くないということは、お分かりいただけたと思います。ちなみに敏感肌の人が使うのも、もちろん良くありません。

敏感肌の人がキュレルのシャンプーを使って良い状態になった、という書き込みはほとんど見つけることができません。

 

何も知らなければ、パッケージを見ると敏感な肌の赤ちゃんにも使えるのかと思ってしまいますよね。怖いことです。

 

赤ちゃんの肌って柔らかくて弱いので、大人よりずっと肌荒れもしやすく、また乾燥したりかゆみがあっても自分ではどうすることもできないので、やっぱりママがしっかりシャンプーを選んであげたいですね。

 

赤ちゃんの敏感肌にはどんなシャンプーがいいの?

では、どんなシャンプーなら赤ちゃんに良いのか?それはラウレス硫酸Naなど合成的な清掃成分や界面活性剤などが入っていないものです。

赤ちゃんでも大人でも、落とさなくてはいけないのは汚れであって、潤いではありません。皮脂のコントロールがうまくいかない赤ちゃんは特に、しっかり潤いを守ってあげなくてはいけません。

 

赤ちゃんは生後6ヶ月までは新陳代謝がとても活発なので、それまではベビーせっけんなどでも良いのですが、その後は潤いをしっかり守れる、できれば無添加のものを使うといいですよ。

毎日使うものですので、無添加のモノを使っていると地肌や髪の毛の健康に後々差が出てきます。

 

ドラッグストアで赤ちゃんも使える無添加のシャンプー(信頼できるもの)を探すのは結構大変ですが、ラフィなら肌にとても優しいのでおすすめです。

もちろん無添加ですし、ラウレス硫酸Naも入っていませんよ。

 

美容師さんの手がキレイになるシャンプー

お客さんの髪の毛を毎日洗う美容師さんは、清掃力が強いシャンプーを使っていると手荒れでボロボロになってしまうそうです。

ラフィはそんな美容師さんでも使い続けると手荒れが気にならなくなるほど、優しい成分でできています。

 

また、あまり表立って言われることはありませんが、シャンプーやトリートメントは、地肌の毛穴からシャンプーの度に少しずつ入り、体の中に影響すると言われています。

こういう観点からも、まだ体の弱い赤ちゃんには、無添加のものを使っていたほうが良いのです。

 

ラフィで赤ちゃんの弱い地肌を守る

赤ちゃんはまだ皮膚が強くないので、肌に触れるものにも気をつけているママも多いと思います。頭の地肌も体と同じ皮膚の一部ですし、潤いまで奪って乾燥していると皮膚トラブルの原因になります。

 

赤ちゃんの頃に乾燥させてばかりだと、皮膚トラブルを起こしてしまう確率もぐっと上がるそうですよ。

 

市販のシャンプーと比べると値段は高いですが、今後皮膚トラブルが起きて病院等に通うことになったら、それこそ大変です。

うちの娘も赤ちゃんの頃から乾燥がひどいのですが、やはりシャンプーや石鹸を無添加にすると、すぐに肌の変化を感じました。

 

私も成分などには無知だったので、もしかすると赤ちゃんの時のシャンプーなどの選び方がちょっと良くなかったかなって、少し反省しています。

 

皮膚は取り替えることができない大切なものですし、最近乾燥肌の子どもがとても多いのは、清掃力の強いシャンプーや石鹸などが原因の一つにもなっているようです。

赤ちゃんの時から潤いはしっかり残して、乾燥することがないようにシャンプー選びをしてくださいね。

 

詳しい成分はこちらから見ることができますよ!

プロのスタイリスト達が辿りついた
最高のアミノ酸系シャンプー&コンディショナー「Raffiラフィ」

アドセンス関連記事下

スポンサードリンク

 - ヘアケア