GOOD HEALTH

あなたと家族の健康な毎日のために

ピーナッツアレルギーって治るの?驚くべき治療法とは?

      2017/11/26

 

b08a585fd72378aad1ff83b2bef80380_s

 

ピーナッツは食べ出したら止められない代表的おつまみですね。

嫌いな人は少ないのではないでしょうか。私も大好きです。

でもピーナッツを食べるとアレルギーになる、いわゆる「ナッツアレルギー」の人は実はかなりいます。

 

ピーナッツアレルギーの特徴は何といっても、喉(のど)の中がはれたり、喘息症状が出たりと、広く呼吸器関係にアレルギー症状が出ることです。

 

ピーナッツアレルギーはナッツアレルギーの代表で、ひどいときは呼吸器障害・けいれんなどのアナフィラキシーショックを起こします。

 

特に乳幼児が初めて食べるときは、アレルギーを起こさないか十分観察することが必要です。

詳しく説明しましょう。

 

ナッツアレルギーの代表ピーナッツアレルギーとは?症状は?

多くの人が好きなピーナッツで食物アレルギーを起こすなんてショッキングな話ですが、次のような症状が出ます。

ピーナッツアレルギー症状には食べて数十分もしたら現れる最も多い症状と、半日くらい経って消化器系に症状が出るのがあります。

1)皮膚にじんましん・部分的発疹が見られ、痛みやかゆみ症状があり、最も多い症状です。

 

2)呼吸器の一部である鼻炎・喉の内側の腫れ・喘息(ぜんそく)症状が顕著で、
ピーナツアレルギーの症状に見られる特徴です。 

重度の時は呼吸器の気道をふさぐ恐れもあります。

 

3)稀ですが、 吐き気・激しい腹痛・下痢といった消化器症状が現れます。

またほかにも血圧の低下など循環器症状が現れ、呼吸困難になって顔色が青白くなることもあります。

またピーナッツ以外にもクルミ・カシューナッツ・アーモンドでも頻度は少ないですが稀にですが、アレルギーが起こります。

 

ピーナッツアレルギーは治るの? 対処法・予防法は?

3d82c834eb3d75578069ff7d65bbe28d_s
一般の食物アレルギーは小さいとき発症しても、成長とともにアレルギー症状が出なくなることもあります。

 

でもピーナッツアレルギーは成長過程で耐性が付かず、「大人になってもアレルギー症状が出やすい」のが特徴です。

「大人になってもピーナッツが食べられないなんて!」と思うなら、専門医師と相談しながら少しずつピーナッツを食べながら、体に耐性をつける減感作療法という方法がありますので、一度専門医に相談してみてください。

 

スポンサードリンク

ピーナッツアレルギーの対処法・予防法

どの食物アレルギーに共通して言えることですが、

★発症し、重度と感じたら抗ヒスタミン剤の服用、アナフィラキシーショック症状を示したら、救急車を呼びます。

★予防のかなめは、原因食材を食べないようにすることです。

特にピーナッツの場合、ピーナッツ単独以外、砕いたピーナッツを煎餅・ペスト状のピーナッツなどが食品に幅広く使われています。

アレルギーを持っている人は、注意を怠らないようにしなければなりません。

 

★根本的な予防は、アレルギー反応は体調に非常に関係していることです。 

ストレス・睡眠不足・風邪気味など体が万全でないときはアレルギー症状が出やすいのです!

日頃の健康管理は絶対必要です。

 
まとめ

ピーナッツは単独食材・加工食材と用途が広いだけに、ピーナッツアレルギーを持っている人には大変なことです。 

ピーナッツアレルギーの症状・対処法・治療法について調べました。

 

ピーナッツアレルギーは成長しても症状がでる厄介な食物アレルギー食材ですが、悲観することはありません。 

しっかり治療を行えばアレルギーをなくせます!

アドセンス関連記事下

スポンサードリンク

 - アレルギー