GOOD HEALTH

あなたと家族の健康な毎日のために

赤ちゃんがいちごアレルギーだとどんな症状が? 対処法も教えて!

   

 

a0002_012117

クリスマスシーズンから初夏にかけて、店頭にビタミンCたっぷりのいちごが並びますね。

いちごは見た目も可愛いし、大好きな人も多いですよね。

 

でもこの甘~い「いちごを食べるとアレルギーを起こす」人がいるのです。

赤ちゃんに多いのですが、お母さんが離乳食にビタミンCたっぷりのいちごをつぶして与えたとき、「あれ~っ?もしかしたら?」と気が付くことが多いみたいです。

 

口の周りが赤く、粒々斑点が出てきたら、いちごアレルギーを疑ったほうが良いでしょう。

いちごアレルギーになる人は、大人でも果物アレルギーを持つ人にいます。

 

甘~く、ビタミンCたっぷりのいちごが食べられない「いちごアレルギーはどのような人で、どのような症状が出て、その対処法」について詳しく調べてみました。

 

早期に赤ちゃんのいちごアレルギーを見つけるには?

9b94ca13f943cbeacd26f2d996e9b994_s

母乳から徐々に離乳食に切り替え始めたとき、赤ちゃんが食物アレルギーを持っているかどうか頭に入れて、一つ一つ違った食べ物を与えるたびに、観察しながら離乳食を与えることがとても大切なのです。

 

このような観察の結果、あれ~っと思って「うちの子、もしかしていちごアレルギーかも?」と発見されるのです。

 

症状はいろいろありますが、多くは

★口の周りが赤く、ひどいときは腫れぼったくなり、赤い粒状斑点が出ます

★のどのイガイガ、口の周り・口の中・舌がかゆそうな症状を示します

 

軽度だと上記の症状で止まりますが、中にはいちごの食べ過ぎもありますが、重度になるとじんましん・顔が腫(は)れあがり・嘔吐(おうと)・腹痛・下痢などの症状が出ます

最悪はアレルギー症状で、一番警戒しなければならない「アナフィラキシーショック」による呼吸困難などが見られたら、すぐ救急車を呼んでください。

 

 

一方いちごアレルギーの赤ちゃんは一生いちごが食べられないかと心配しますが、
実際は多くの赤ちゃんで、成長とともに徐々に耐性ができて、いちごアレルギー症状が出なくなることもあります。

 

スポンサードリンク

いちごアレルギーの人は他の果物アレルギーを警戒!

a0007_002088
いちごのように皆が好きな果物でアレルギーを起こす人は、実は他の果物でもアレルギー症状が出ることがあるのです。  

いちごと同じバラ科、具体的にはりんご・桃・さくらんぼ・びわ・梨が親戚の果物です。

 

初めて口にするときは要注意です。

またバラ科以外の果物でもキウイフルーツ・メロン・すいか・マンゴー・バナナなどでアレルギーを起こす人もいます。

 

果物アレルギーを起こす人に中には普段は全く問題ないのに、疲労がたまっていたり、風邪気味の時、花粉症(注*)と時を同じくしてアレルギー症状が出ることがあります。

(注*):特に白樺花粉症を引き起こすアレルゲンといちごのアレルギーを引き起こすアレルゲンと構造が似ているといわれています

 

いちごアレルギーの対処法

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

まず一番に対処することは症状が出たら、それ以上食べることを止めることです。

実は残念ながらこれが最大の対処法なのです。

 

アレルギーの予防法はアレルギーを引き起こす食物を摂(と)らないことしかありません。

また症状でかゆみがひどければ、一般的な薬としてステロイド剤の塗り薬を患部に塗ります。

 

しかし「いちごみたいにおいしく、ビタミンCも豊富な果物が一生食べられないなんて・・・」と嘆く人には専門医のところへまず行ってみましょう。

 

少しずつアレルギーを引き起こす食べ物を口に入れ、免疫をつけていく減感作療法というものがありますので、それを受けることをお勧めします。

 

まとめ

人気果物の代表「いちごアレルギー」になる赤ちゃんの症状とその対処法、大人の人にもある果物アレルギーとその対処法を調べました。

アドセンス関連記事下

スポンサードリンク

 - アレルギー