GOOD HEALTH

あなたと家族の健康な毎日のために

飲み過ぎた次の日に後悔したら!ダイエットにおすすめの食材一覧 

   

 

久しぶりの同窓会、職場の飲み会で、ダイエット中なのに食べ過ぎ、飲み過ぎた、なんて経験はありませんか? 

これでダイエットは台無しだ、とがっかりし、せっかくの飲み会の思い出に水を差すことにもなってしまいます。

 

デザートビュッフェなんて見てしまった日には、ダイエットはまた今度…となってしまいますよね。しかし、そんな心配は無用です! 

今日は、飲み過ぎ、食べ過ぎた翌日から始められる、リセット活動についてご紹介しましょう。

 

脂肪へと変化するのは2週間後…この2週間が勝負!

甘いものを摂り過ぎた…と思っても、実は、最初は肝臓に蓄えられているだけなのです。

これが脂肪へと変化し、贅肉になるには2週間かかります。

だから、この2週間の間にどれだけエネルギーを消費できるかが運命を左右します。

 

でも、日頃から運動しない人が急激な運動をするのはおすすめしません。怪我の元になりますし、何より続きません。

おすすめなのは、ゆっくりでもウォーキングすること。そして、それを姿勢正しく行うことです。

 

姿勢を正すだけで、消費カロリーは格段に上がります。この2週間は、エスカレーターやエレベーターではなく階段を使う、一駅分歩くなどの工夫ができるかもしれませんね。

 

最初の18時間は断食! それかフルーツ!

a0960_007204

基本的には、最初の18時間は断食することが理想です。これで、飲み過ぎ・食べ過ぎたカロリー分を相殺できます。

また、食べ過ぎて膨らんだ胃の大きさを、元の大きさへとサイズダウンすることができます。

 

胃は伸び縮みする臓器です。胃が膨らんだまま食事すると、なんだか満腹感が得られず、食べ過ぎになってしまうかも…。だから、胃を縮めるということが重要です。

しかし、飲み会の翌日に仕事があり、朝や昼を抜けない場合は、スムージーやフルーツなどの軽食をとりましょう。

フルーツにはカリウムが多く含まれます。カリウムは飲み過ぎによるむくみ対策にも役立ちます。

そして朝食を食べる量は、普段の量の半分以下に抑えます。

 

スポンサードリンク

回復食は和食で!

4dde0c55ac06a90867eb9ecc44562521_s

断食後、あるいは節食後の食事は和食がオススメです。では、回復食に加えるとよい栄養素、食材をチェックしていきましょう。

 

1.カリウム

先ほども登場しましたが、水分の排出を助け、むくみを抑えてくれます。

カリウムはグレープフルーツやパイナップルなどのフルーツに多く含まれます。

 

2.オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、脂肪を効率良く代謝するのを助けてくれます。青魚に多く含まれますが、苦手な方、アレルギーをお持ちの方は、旬のお魚で代用しましょう。

 

3.食物繊維

デトックス食材の代表選手ですね。腸の中の不要物を絡め取り、排出を助けてくれます。

ゴボウやレンコンなどの根菜に多く含まれます。またこれらは体を温める食材でもあるので、代謝アップの効果も期待できます。

まとめ

今回は、飲み過ぎ・食べ過ぎ後のリセット食についてまとめてきましたが、いかがでしたか? 

飲み会での楽しかった思い出が、つらいダイエット失敗…とならないよう、運命をわける初めの18時間、そして2週間のコンビネーションでうまく乗り切っていきましょう!

アドセンス関連記事下

スポンサードリンク

 - ダイエット